著名人・芸能人

大林宣彦監督の病名を調査!経歴から遺作について調べてみた。

なうニッポン
なうニッポン
映画監督の大林宣彦さんが亡くなられたとの訃報が飛び込んできました。

以下では大林宣彦さんに関して、

  • 大林宣彦さんの病名について
  • 大林宣彦さんの遺作は?
  • 大林宣彦さんの経歴は?
  • 大林宣彦さんのプロフィール

を調査していきます。

また記事後半では大林宣彦監督の動画も載せていますので、ぜひチェックしてみてください。

大林宣彦さんの病名について

大林宣彦 病名

映画監督の大林宣彦氏が10日午後7時23分に肺がんのため死去したことが分かった。82歳だった。2016年8月にステージ4の肺がんで余命3か月の宣告を受けてからも意欲を失わず、昨年11月の第32回東京国際映画祭で「あと3000年、映画を作りたい」と語っていた。CMディレクターから映画の世界に入り、故郷の広島県尾道市を舞台にした「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」の“尾道三部作”などで知られる。ファンタジー作品に定評があり「映像の魔術師」の異名を取った。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200411-04100252-sph-ent

大林宣彦監督は2016年8月にステージ4の肺がんと診断され、さらに余命3ヶ月との宣告も受けられていたようです。

しかし、その後も映画製作の意欲を失うことなく、映画に対して前と変わらず情熱を燃やしていらっしゃったようで、

今回の訃報は本当に残念で仕方ありません。

大林宣彦さんの遺作は?

数多くの映画づくりに携わってこられた大林宣彦さんですが、果たして遺作は何になるのでしょうか?

2020年4月10日(金)より公開予定されていた「海辺の映画館―キネマの玉手箱」が大林宣彦監督の遺作となられます。

またこの映画は、大林宣彦監督が【20年振りに「尾道」へ還ってきた】との触れ込みでとても楽しみな映画でしたので、

今回の訃報は本当に残念で仕方ありません。

またコロナ騒動を受けて公開延期が延期されてしまっており、今後のスケジュールに関しては現在未定になっています。

大林宣彦監督がご存命のときに映画が公開されていれば…なんてつい思ってしまいます。

大林宣彦さんの経歴は?

大林宣彦 経歴

大林宣彦監督は2歳でブリキの映写機のおもちゃに親しむほどで、

6歳の頃にはすでに自作のアニメーションを作成されるほどの根っからの映像好きだったようです。

幼年期を尾道で過ごし1955年に上京し、翌1956年には成城大学文芸学部芸術コース映画科に入学されます。

大学時代は常に8ミリカメラを片手に持ち、ずっと映像を撮られていたようです。

その後どんどん頭角を表し、

1982年には自身の故郷尾道を舞台にした転校生の発表を皮切りに

時をかける少女さびしんぼうといわゆる「尾道三部作」で熱狂的な多くの支持を獲得することになります。

また、この尾道三部作のイメージが強い大林宣彦監督ですが、

新人アイドルや新人女優を主役にした映画作りを多数行っており「アイドル映画の第一人者」と称される側面もお持ちでした。

大林宣彦さんのプロフィール

大林宣彦 wikiプロフ
  • 名前:大林宣彦(おおばやし のぶひこ)
  • 別名義:學草太郎(まなぶ そうたろう)
  • 生年月日:1938年1月9日(享年82歳)
  • 出生地:広島県尾道市東土堂町
  • 血液型:B型
  • ジャンル:映画監督
  • 配偶者:大林恭子

広島県尾道市東土堂町生まれ。尾道市立土堂小学校、尾道北高校卒業、成城大学文芸学部中退。2006年(平成18年)4月から尚美学園大学大学院芸術情報学部情報表現学科名誉教授[7]。2007年(平成19年)4月から倉敷芸術科学大学芸術学部メディア映像学科客員教授。2014年(平成26年)4月から長岡造形大学客員教授。

妻は映画プロデューサーの大林恭子。長女の大林千茱萸(ちぐみ)は「映画感想家」と称して執筆活動をする一方で映画製作にも参加しており、その夫は漫画家の森泉岳土。劇作家・演出家の平田オリザは甥にあたる。

自主製作映画の先駆者として、CMディレクターとして、映画監督として、日本の映像史を最先端で切り拓いた”映像の魔術師”。

引用元:Wikipedia

世間の反応

以下、ヤフーニュースのコメントです。

もう30年以上前のことですが、尾道に一人旅をしたのは大林監督の影響からです素敵なところでした。今でも大好きな場所です。心より御冥福をお祈りします。

尾道三部作見て、いつか尾道に行きたいと思わせるほど映像が素敵だったのを今でも覚えてる。未だ行けていない尾道、近いうちに行きたいな・・・ご冥福をお祈り申し上げます。

末期だったのに今までよく頑張って生きられたと思いますよ。ご冥福をお祈りします。監督の映画は本当に青春でした。時をかける少女にはじまり、転校生、さびしんぼうよく見ました。映画はずっと残り続けます。大林監督に次いで若い監督も頑張って出てきてほしいですね。

「ふたり」のファンです。不思議なノスタルジック感が漂うのめり込むいい映画でした。主演のふたりも一番綺麗な時期と重なり、何度も観ました。ご冥福をお祈り致します。

ドキュメント番組で痛みを知る人は優しい表現で過去は変えられないけど未来は変えられると仰っていた言葉にとても印象に残っています残念です。

余命3ヶ月から3年8ヶ月も生き続けられたのは、ひとえにいい映画を撮りたいという大林宣彦監督の熱い思いからだろうと思います。優しい笑顔が思い浮かびます。主演の原田知世さんと同じ年ということもあり、「時をかける少女」が印象深いです。大林監督のご冥福をお祈り申し上げます。

  • さびしんほう 良い映画でした。尾道もノスタルジックな良い街でした。また尾道行きたくなりました。天国でも素晴らしい映画作るんでしょうね。ご冥福をお祈り致します。素敵な映画有難うございました。
  • “尾道三部作” 懐かしいです。尾道を映画で知ってから訪れてみたくなり、想像通りの瀬戸内の坂道の素晴らしい街並みでした。尾道ラーメンが美味しくて文学好きにも堪らない特別な場所。大林監督の作品とともに好きな場所を聖地巡礼できたことに感謝。昭和の古き良き時代の雰囲気が似合う、そんな映画が好きでした。
  • 尾道をあまり知らなかったのですが、映画でとても素敵に見えて、一昨年やっと行って来ました。映画の通りに階段凄かったり(笑)素敵なところで、行って良かったです。映画の世界観がとても好きでした。なんか不思議というか、現実なんだけど現実でもないような空気感というか…うまく言えないけど…
  • 個人的には「異人たちとの夏」は凄く印象深い映画でした。亡くなった両親との二度目の別れに成ったすき焼き屋のシーンは、今でも記憶に強く刻まれてます。ご冥福をお祈り致します。
  • 初めて観た大林映画は「転校生」でした。中学生の時で、ちょっと恥ずかしくもありました。それからいろいろな映画で青春、夢を何度も再体験させていただきました。「廃市」「時をかける少女」「ふたり」「さびしんぼう」「あした」「なごり雪」「22才の別れ」特に「なごり雪」が一番胸に刺さっています。どうぞ安らかに、、、ありがとうございました。

まとめ

大林宣彦 まとめ

さて、ここまで大林宣彦さんに関する

  • 大林宣彦さんの病名について
  • 大林宣彦さんの遺作は?
  • 大林宣彦さんの経歴は?
  • 大林宣彦さんのプロフィール

について調べてきましたが、いかがでしたでしょうか?

大林宣彦監督の遺作となる「海辺の映画館―キネマの玉手箱」はとても楽しみな映画でしたので、今回の訃報は本当に残念で仕方ありません。

心より御冥福をお祈りいたします。

関連記事