アニメ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の見逃しフル動画配信を無料で見る方法は?

公開:2012年 | 制作:日本

キャスト・スタッフ

声の出演 (碇シンジ) 緒方恵美
(アヤナミレイ(仮称)) 林原めぐみ
(式波・アスカ・ラングレー) 宮村優子
(真希波・マリ・イラストリアス) 坂本真綾
(葛城ミサト) 三石琴乃
(赤木リツコ) 山口由里子
(渚カヲル) 石田彰
(碇ゲンドウ) 立木文彦
(冬月コウゾウ) 清川元夢
(伊吹マヤ) 長沢美樹
監督 摩砂雪
前田真宏
鶴巻和哉
原作 庵野秀明
アニメーション制作 スタジオカラー
音楽 鷺巣詩郎
脚本 庵野秀明

見どころ/ストーリー紹介

『:破』から14年後、世界は変革の時を迎える。新劇場版シリーズ、激動の3作目
変わり果てた大地の姿を見たシンジは、何が起きたのかを聞かされる。重大な責任を感じて傷ついたシンジの心は、はたして救われるのだろうか。
アスカのEVA改2号機とマリのEVA8号機は、静止衛星軌道上で“US作戦”を実行していた。円盤状のEVA Mark.04と激戦の末、初号機とシンジを奪いとるミッションだ。ようやく目ざめたシンジの前には、思いがけない知人らの姿があった。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』をお金を掛けずフル視聴する方法!

  • 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を観ることが出来なかった人
  • 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』をもう一度見たい人

に、ここで無料で観る方法を紹介していきます。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』はU-NEXTにて配信してるんです。さらにU-NEXTなら

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』がフル動画観ることが可能なんです。
初回31日間の無料キャンペーンをやっています!

無料キャンペーンの期間内なら色んな動画を見ることができます。ぜひ楽しんで下さい。

U-NEXTのお奨めポイントを説明します。

U-NEXTのお奨めポイント!
U-NEXTは公式動画配信サイトの中で日本最大級の動画数です。
U-NEXTはアニメ・ドラマ・映画等の動画を観ることができ、ほかにも漫画や雑誌などの電子書籍読むことが出来ちゃうんです。
U-NEXTに登録すると31日間無料で動画視聴し放題なんです。
31日間の無料体験キャンペーン期間内にU-NEXTを退会手続きすれば料金はかからないですし、もちろん解約金なども一切必要ありません。
U-NEXTは初回登録のとき限定で600円分のポイントがもらえます。
31日間のお試し無料期間中だったら解約した場合でもお金はかからないです。

本ページの情報は2021年3月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』が違法アップロードされてないかどうか?調べてみた結果

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q上記では『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』をお得に見ることができる見逃し動画サイトU-NEXTについて紹介してきました。次はU-NEXT以外に、YoutubeやPANDORAなどに動画がないかチェックしてみました。

YouTube

YouTubeを調査してみた結果です。
>> 検索結果はこちら

PANDORA

PANDORAを調査してみた結果です。
>> 検索結果はこちら

Dailymotion

Dailymotionを調査してみた結果です。
>> 検索結果はこちら

違法アップロード動画を観る危険性

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q今後、U-NEXT以外の動画共有サイトで『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の違法動画が上げられる可能性があるかもしれませんが、
このような動画共有サイトの動画は許可なくアップロードされた違法動画になります。YouTubeの公式チャンネルなどは独自で動画の制作しているので問題ありませんが、ほかの動画は著作権違反です。なぜかと言うと、著作権のある動画を

ネットにUPした人

は現在処罰の対象となっていると言うのは、皆さんニュースなどで聞いたことがあると思います。しかし、

動画を視聴しただけ

でも処罰の対象となる可能性がないとは言いきれません。「自分が捕まるわけない」など軽い気持ちで違法動画を視聴すると、将来とんでもない事態になる事があるんです。例をあげると、無料の動画アップロードサイト=Youtubeとか有名なサイトなら支障はないですが、名前が知られてない動画アップロードサイトだったら、ウイルス感染の可能性が高いです。その中でも、中国が管理している動画共有サイトの場合は高リスクだと思われます。と言うのも、

  • ウイルスにかかる
  • 個人に関する情報の抜き取り
  • 悪質なワンクリック詐欺への誘導

などが挙げられます。のちのち後悔しないためU-NEXTみたいな違法性がまったく無く動画を配信しているサイトで映像を視聴することお薦めします。

著作権法に関して

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q著作権法に関してチェックしました。

  • 他人のため、販売されているBlu-rayやDVDなどから勝手な判断でコピーする。
  • 動画を権利者にに許可なくネットに公開する。(ダウンロードできる状態にする。)
  • 無許可でアップされた動画と分かった上でダウンロードする。

この中でも2012年10月1日以降は、市販の動画やインターネット配信で市販されている動画と知った上でダウンロードすると刑事罰の対象なんです。これらはすべて著作権法に違反した行為です。著作権法では許可を得ずに公開された動画と分かっていながらダウンロードすることは刑事罰の対象なんです。

  • 「2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはその両方」

の罰則が規定されてます。公式の動画配信サイト以外で動画を見ることはかなりの危険性が伴うのでぜったい止めるべきです。

U-NEXTで合法に視聴する(31日間無料)

下の画像をクリックするとU-NEXTサイトへ移動します。

関連動画(YouTube)





楽天ブックス





『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』は、ブルーレイ&DVDでの視聴も良いのですが、動画配信サービスでの無料視聴がオススメです。
特に私がオススメするのは、31日間の無料体験トライアルがあるU-NEXTです。

※31日間の無料トライアル中で解約しても料金はかかりません。

感想・レビュー

30代女性
30代女性
エヴァンゲリオンを初めて見た者です。始まり、終わり、Qと連続で見ました。感想としては、置いてけぼりにされた感があります。面白いかと言われればそうでもない。面白いかどうか?客観的な視点でQを見ると、主人公に状況や状況を説明しない大人がそして、子供扱いして蚊帳の外に放置していた態度は、方向性なのかな?異常な関係に思えました。彼の精神的な負担を心配していたからでしょうか?私にはわかりません。彼は、彼女に軟禁されて首に爆弾を仕掛けられたことで、彼女を恨んでいたようです。結局、危険な結果(世界の崩壊?で世界が崩壊しそうになったのでは?演出なのかどうかはわかりませんが、仮にそうだとしてももったいないと思いました。ヱヴァンゲリヲン新劇場版では、主人公はM男。彼を取り巻く大人たちは変人が多いと思っていました。だから感情移入できなかった。あと、ちょっとキモいと思った。悔しいですよね。申し訳ないけど、見ていて気持ちのいい人がいないので、この評価にしました。残念でした。
20代男性
20代男性
この作品は最初と最後が違う。いったいどうなってしまったのか?映画館で見たときのガッカリ感はかなり大きかったです。多くのエヴァンゲリオンファンがアニメ版の終わり方にがっかりしていた。そして、その後の劇場版にはさらに失望していた。それを払拭したのが、新劇場版「序」と「破」である。ヱヴァンゲリヲン新劇場版のファンは、これらの面白い映画があったからこそ、もう一度庵野さんを信じようと思ったに違いない。そして、待ちに待った「ヱヴァンゲリヲン新劇場版。Q”.ヱヴァンゲリヲンファンは三度も失望した。期待が大きければ大きいほど、裏切られた時のショックも大きい。庵野さんにストーリーテリングのセンスがないのも納得です。
20代男性
20代男性
テレビ版と旧作と新作を見てきました。第1話はTV版の再構築ですが、作画が新しくなっていたり、新しい要素が入っていてとても面白いです。特に最後の「か」の部分がとても熱かったです。これだからこそ、見ていて飽きないのです。…..内容がつまらない?内容がつまらないと言われれば、そんなことはないのではないでしょうか?むしろ面白いと思います。しかし、これは私が見たかったものではありません。…..私はそれを与えるべきいくつの星を知らないので、私はそれを3与えました。友人と映画館でこの映画を見ました。上映が終わって帰ろうとしたとき、私も友人も他のお客さんも誰も話さず、みんな黙っていたのをよく覚えています。
20代女性
20代女性
後半のドタバタが素晴らしい。これぞエンターテイメント。しかし、主人公のシンジ?シンジがカッコよく活躍しない。そろそろ飽きてきた。全然見ていて楽しくない。主人公は何も知らない。主人公は与えられた情報だけで行動する。真実を求めて自分から情報を得ようとしていた梶さんのような大人になってほしい。自分で考えて自分の未来を自分で決める、かっこいいシンジが見たい。まあ、それはそれで見たいだけなんだけど、そうじゃなくてもいいんだよね。百人いれば、それぞれが理想とする映画や世界があるんだから、自分が作りたい映画を作らないといけない。自分を一番満足させてくれる映画を作って、どれだけの人が満足してくれるんだろう。
40代女性
40代女性
何回見たか覚えていないので、プライムに登場した時はあまり見ていなかったのですが、久しぶりに見ました。本来のエヴァはこんな感じなんですよね。らん」の視聴率は高いですが、あちらはエヴァとしてはむしろ違う。わかりやすいし、感情移入しやすいし、誰が見ても面白い。でも元々、テレビ版のエヴァはそういうものではなかったんですよね。よくわからなくても、なんとなく引き込まれるような作品です。Qはアプローチが面白く、エヴァらしい作品だと思います。ただ、前半の艦船シーンが長すぎる。なので、エヴァが苦手な人は観ている途中で消してしまうかもしれません。アダムスの鉢巻」など、観ていてよくわからない言葉が多いのですが、もともとエヴァはそういうものなのです。ナレーションはとても丁寧で、『ちびまる子ちゃん』のような説明は一切入っていません。ラストシーンも、何のために戦っているのかわかりにくいように作られています。ラストの戦闘シーンもエヴァらしいもともと『エヴァ』は人間の暗黒心理を描いた作品だったので、それが人気になったんですよね。エヴァのコンセプトは「オネアミス」の興行的な失敗から来ていて、受け入れられて売れるものを作りたい、でも同時に自分たちのやりたいことをやろうということになったんです。一言で言えば、エヴァらしい優れた作品だと思います。しかし、エヴァを初めて知った人ならば、この作品に憤慨するだろう。なぜなら、全く意味がないからです!

引用元:Prime Video・Yahoo!テレビ